すぐそこ、里山 伊賀。

山紫水明な自然と伊賀忍者の歴史が魅力

三重県西部・上野盆地一帯に当たる地域で現在の三重県の一地方である伊賀地方(伊賀市・名張市)となります。
江戸時代には藤堂家の城下町や伊勢神宮への参拝者の宿場町として栄えてきました。 
伊賀流忍者や松尾芭蕉のふるさととして知られ、京・大和文化の影響を受けながらも独自の文化を醸成しています。
山紫水明の地であり山々に囲まれ自然豊かな景勝地「赤目四十八滝」などもあります。

エリアから探す

季節から探す

INSTAGRAM